善光寺産 無農薬ぶどう

当園のぶどうは年間を通して一切の農薬を全く使用してません。

 

葡萄を”種無し”にする「ジベレリン薬品処理」もしていないため、しっかりと一粒一粒に種が入ってます。

 

「種ありの葡萄は味わいが深くやっぱり美味しい!」と、昔からの葡萄通の方々は口々におっしゃいます。

 

 

また、当園のデラウェアには、房の上部にもうひとつ小さな房がちょこんとついています。

 

ぶどう農家では、この部分 を”かた”と呼んでいます。

 

昔のデラウェアには、この”かた”がついていました。

 

現在の慣行栽培では、”かた”は、ジベレリン処理をする前にすべて落としてしまいます。     

(箱詰めしやすい等の理由で。。。)  

 

私たち夫婦は、このどことなく愛嬌のある”かた”つきのデラウェアが好きなので、

なるべくそのままつけています。

 

手にしてくださった方々が、ぶどう本来のかわいらしい姿を楽しんでいただけたら

とてもうれしく思います。

 

甲府市善光寺のぶどうは”甘味が濃く美味しい”と山梨県の中でも評判です。

 

自然農法によって、さらに味わいの深まった当園のぶどうを、ぜひ一度ご賞味下さい。