土壌サンプリング

 

今日は、地元・山梨大学の土壌微生物学の研究チームがやってきて、うちの畑の土壌採取を行いました。

 

県内の果樹農家で、自然農又は自然栽培、有機栽培、慣行栽培の畑、それぞれの土壌をサンプリングして比較分析するとのことです。

 

うちの畑が、自然栽培の果樹畑として選ばれた次第です。

 

測定項目は、窒素固定活性 、微生物バイオマス,可給態 の有機態窒素,硝酸態窒素、菌根菌の胞子数などです。

 

どれも興味深い項目ばかりです!

 

土に採取する機具を差し込んだ際に、「他のどの畑よりも一番柔らい土だ!」と、研究チームの皆さんが少し驚きながらおっしゃってました。

 

どのような結果が出るのか、非常に楽しみです!